城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

何年振りだろう。さあ行くぞ、今年の富山は話題が一杯

先週末は尾小屋鉄道を守る会の総会でした。
そして前日の土曜日は有志による富山での鉄分補給合宿でして、今回は私も参加をしてまいりました。
1000円高速もその前の週で終り、本来の交通量に戻った夜の高速を快適に北陸に向けて車を走らせます。
b0059978_19374415.jpg

所が北陸道は木之元付近まで来ると何やら天気も一変・・・・・・
激しい雷とともに突然センターラインも見えない位の大雨に見舞われました
きゃ~
城東電軌 : 何事何事❢
b0059978_1940620.jpg

にゃー・にゃにゃー・ちゃいにゃー : がくぶる・・・・・
奥さんの命令で付いて来たネコたち。どうやら雷が苦手なようです。
明けて土曜日の朝。
今回は久しぶりに北陸線に乗りたくなり、粟津から富山まで電車で移動することにしました。
b0059978_19403537.jpg

チビコロ : ね~、一緒に行かないの?
ネコたち : 雷嫌い・・・・・

時々天候が崩れる空模様。雷が苦手なネコたちは表に出るのを躊躇しているみたい。これ幸いと車の中で留守番をしてもらう事にしました。
粟津駅では電車を待つ間、しばしの駅撮りを堪能。[#
b0059978_2095345.jpg
b0059978_2094099.jpg
いつの間にか国鉄型は来なくなっていました。
b0059978_19425555.jpg

ホームにある粟津温泉の看板。
b0059978_19431088.jpg
よく見ると交通案内の所(タクシー)が修正してあるぞ。
多分その下は(バス)ではあると思うのだが、僅かな希望もある訳で。
b0059978_19434237.jpg

ううううう、剥がしてみたい・・・・
きっとそう思っている人は多いんじゃないかな?
ほら、この記事を読んでるアナタの事ですよ!
富山への道中では、松任工場にキハ58や国鉄型電車たちが並んでいる姿が確認できました。
b0059978_19451070.jpg

津幡の乗り換え時にはものすごい土砂降り。
b0059978_19462033.jpg
b0059978_19465318.jpg

富山へ到着するとそこは新幹線の為の新駅建設中でした。かつての面影はあまり感じられませんでした。北側に有った富山港線だとか・・・・・
b0059978_19471885.jpg

それでもやってくる電車はどれも国鉄型。まあ、高山線は違っていましたが・・・・
b0059978_19474658.jpg
b0059978_19475758.jpg

やがて集合時間となり、尾小屋鉄道のメンバーが集まりました。
b0059978_19483147.jpg

尾鉄通信 : さ~皆さん、合宿の始まりですよ~
b0059978_19492430.jpg

集合した13人のメンバーで、まずはポートラム(旧国鉄富山港線を民営・路面電車化した路線)の広報館に寄り、その後岩瀬浜まで往復しました。
b0059978_19493946.jpg
b0059978_1950062.jpg

チビコロ : やっほ~、これがポートラムだよ~
城東電軌 : 富山港線の頃が懐かしいね。よくみると面影が所々有るんだね。
b0059978_19502578.jpg

切符売り場では、某限定キャラクターフィギュア完売の看板を何故か撮影しまくるメンバーたち。う~ん、マニアック・・・・・
昼ご飯は名物ブラックラーメンを食べに行きました。
行く道中、駅前には富山の薬売りのモニュメントが。
b0059978_1951851.jpg
よく見ると郵便ポストの上にも有るぞ。
b0059978_19524947.jpg

そしてこれがブラックラーメンです。
b0059978_1953570.jpg
中々濃い味で、地元の方はご飯とセットでたべるとの事です。食べて見て初めてその訳を理解しました。
うううう、ご飯とビールが欲しいいいいいい。
食後は各自夕方まで自由行動と言う事で、三々五々富山市内に散って行きました。
b0059978_19542121.jpg
所が市内線の大学前までは何故か全員集合となってしまいました。
さて、それではどこに行こうか?
会員のZ氏から映画『剣岳』のロケに岩峅寺駅が使われて、復元された木造のラッチもロケのままになっている・・・・・との情報を貰ったので、行って見ることにしました。
b0059978_19544671.jpg

市内線で南富山へと向かい、そこから鉄道線に乗り換えて岩峅寺駅に向かいました。
岩峅寺駅には25年位前にも訪問しているのですが、あまり当時の事は覚えていません。
b0059978_19555879.jpg

ですので久しぶりに見た駅舎はとても新鮮に思えました。
b0059978_19564246.jpg

堂々とした2階建て破風屋根の作り。
b0059978_19562317.jpg
木製のラッチと出札口。
b0059978_1957883.jpg
構内にはホーム差し掛けの柱の意匠が時代を感じさせます。
b0059978_19572549.jpg

旧変電所の建物も風格を感じます。
折り返しの電車を待っていると、立山線のホームに元西武のレッドアローが入線してきました。
b0059978_1958920.jpg
今でもその輝きは色褪せていませんね。
さあ、ぼちぼち富山へ戻りましょう。
b0059978_1959217.jpg

チビコロ : ささ、早く乗らないと乗り遅れるよ。
城東電軌 : なんだか去り難いね。もっとゆっくりしていきたいよ。
b0059978_19592766.jpg

京阪に揺られて南富山へ、そして市内線でJR富山駅前へと戻ってきました。
此処で時間を見るとまだ少し余裕が有りそうです。
急遽、ポートラムの東岩瀬まで行って見ることにしました。
何故かって?此処には国鉄富山港線時代の駅舎が残っているからなんですよ~
東岩瀬に到着すると丁度雨が降り始めました。でも時間が有りません。
b0059978_2014759.jpg

岩瀬浜で折り返してくる電車が来る前に撮影を済ませないと。
b0059978_2002217.jpg

駅舎の中は改装されており昔の面影は無く、休憩所として活用されているようでした。(でも閉まっていた)
よく見ると富山側には国鉄時代のホームも一部残っているようでした。
b0059978_2012615.jpg

何とか撮影を終えて折り返しの電車に乗り込みました。
b0059978_202758.jpg

富山行きは競輪帰りの乗客で結構込み合っていましたが、何故か室内温度が異様に高く蒸し風呂状態。途中、城川原駅で乗務員交代をしてやっと冷風が出てきました。
室内温調整は乗務員の好みに寄る所が大きいんだな・・・・・と思わずには居られませんでした。
富山に到着すると、集合時間より1本早い高岡行き電車に間に合いそう・・・・・
それならばと行きに目星をつけていた越中大門駅に先回りをすることにしました。
そう、この貨物建屋の写真が撮りたかったんです。
b0059978_2024789.jpg

ね、良いでしょ❢
堂々とした造りにかつての繁栄が偲ばれます。
やがて後続の電車がやってきて、メンバー一同高岡の今夜のお宿へとチェックインと相成りました。
さあ、お次は懇親会だぁ~
[PR]
by kitoudenki | 2011-07-01 20:03 | 鉄な旅 | Comments(6)
Commented by シゲ at 2011-07-02 07:55 x
合宿(とロケ)お疲れさまでした!
粟津駅の看板・・・私も剥がしたい一人です(^^;)
小松バスのHPを見ると粟津駅前から粟津温泉と那谷寺に行くバスは今でも運行しているはずなんですが、なぜ修正したんだろう???修正したのもかなり前のようですし。
あぁ、楽しい二日間でした!
Commented by kitoudenki at 2011-07-02 13:20
おお、ここにも気になる人が!
いつか剥がしてみたいもんです。
それにしても楽しい合宿でした。又来年が楽しみです。
その前に大久保合宿かな?
その時はよろしくです~
Commented by シゲ at 2011-07-03 09:06 x
そうでした。大久保合宿も企画せねば(^^;)
Commented by 城東電軌 at 2011-07-03 18:07 x
楽しみにしてますよ~
京成巡りかな?
Commented by やぶお at 2011-07-03 21:05 x
城東電軌さん、こんにちは。
北陸遠征アルバム拝見しました。
たっぷりの内容に堪能しました。

自動車と鉄道を併用していらしたのですか。
北陸は魅力たっぷりでありますね。
富山市電に、地鉄に、食にと・・・

その中でも越中大門の農業倉庫にはびっくりです。
地方でこのスケール・・・・
一目見るなり気に入りました。
ここでEF81あたりと絡めて写真が撮れそうですか?
私も出掛けてみたくなりました。
眼福溢れるお写真をありがとうございました。
Commented by 城東電軌 at 2011-07-04 21:01 x
やぶおさま、改めて写真を見て見ると・・・・・
ホーム側の線路しか使用している形跡が有りませんでした。
そうなると通過している所を機関車正面から絡めるとか、あまり絵になるアングルが撮れそうもありません。残念!
せっかくお気に召していただけたモチーフでしたがそんな状態です。
他のアングルの写真を掲示板にも張らせていただきますね。
どうぞ参考になさってくださ。