城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

県立美術館へ行ってきました

芸術の秋ですね。
b0059978_22363643.jpg

まあ、そんな事はさて置いて、今日は息子と一緒に静岡県立美術館へ企画展『ロボットと美術』を見に行ってまいりました。
この企画展は、1920年に端を発する文学から舞台芸術、そして現代美術からサブカルチャー(もうサブでは無いよね)までの流れを展示しています。
開場少し前に現地に到着。見るとまだあまり人数が並んでいない様子。それならと列に並ぶ事にしました。
なぜかって?
b0059978_22372497.jpg
そう、先着39名までに初音ミクの(みんな知ってるよね)サンプル音源CDがもらえるからなんです。で、無事CDを頂く事が出来ました。
さあ、いよいよ開場です。
前半は創世記の文学や絵画がメインで、抽象化、概念化のウエイトが大きい作品が大きいですね。映画『メトロポリス』(結構有名なので皆さんご存知かと)辺りまで来るとロボットという概念が確立されていますね~
次のコーナーに進むとそこでは思わず
おおおおお~
と、走り出しそうになってしまいました。
だってそこのコーナーの正面には『学天則』が有るんだよ~(実は学天則ファンなんです。まだ大阪には行ってない・・・・)
興奮を抑えられず近づくとそれはあまりにチープで、地上の4民族(だったっけ?)の特徴を持つその顔はあまりに表情が硬く、いくらレプリカでももう少し何とかしてほしかったと思うのは私だけでしょうか。
その次は懐かしのロボットたちがお出迎え。
黎明期の実用ロボット(?)と言いましょうか、30年くらい前に児童会館などに良くあった実物ロボットたちが色々展示してありました。これらは当時の御約束といましょうか、ランプ類が至る所に使われていまして、眼、口、胸はもちろん、それ以外にも至る所にマーカーやランプ類だらけ。さながらランプの商品見本の体を成していました。それがまた何とも懐かしい。
お次はいよいよアニメーションや漫画、いわゆるサブカルチャーを昇華させた現代アートへの変遷コーナーになっています。
思えばそんな変遷の時代の中にいたんだよね。(KIOのようにどっぷり渦中に浸かってるのもいるけど)
手塚治虫の生原稿はその完成度はすごかった。
高荷義之(ボックスアートの方です)の『ザブングル』をモチーフにした作品はすごく良い。
図録には無かったけど、作品名『走れ』はザブングルの世界観を的確に表現しててすごく良いと思った。シビリアンとイノセントというファクターは置いといて、ジロンが走る、ウォーカーマシンも走る。エルチも・・・・ただそれだけなんだけど、これが良いんだ。
高橋宏サンも色々展示してあったな~

まあ、そんな訳で今回の企画展は結構面白かったです。気楽に見れたし意外と空いていたし。
b0059978_22463291.jpg
企画展の後はロダン館で一休み。(ここは撮影可なんです)地獄の門を見ながらしばしまどろみます。
美術館の後は清水へと場所を移動。
b0059978_2247972.jpg
昼食後にフェルケール博物館へとやってきました。
旧港湾博物館時代には幾度となく遊びに来ましたが、今の施設になってからは初めてかもしれません。(事務所へは今年1回お邪魔しましたが・・・・)
b0059978_22474999.jpg

こちらでは現代清水港の変遷や役割が追える展示になっており、船に関する展示も色々と工夫されています。(許可を得て撮影)
しかし、今回の目的はこちら。
b0059978_22484788.jpg
旧港湾博物館時代からある建物なのですが、この施設になってからなぜかあまり目立たないSSK(清水食品)旧本社社屋なのです。
b0059978_2249131.jpg

中には缶詰のラベルや製缶機の模型や色々な資料など、もっと日の目を見ても良いのでは?と思える資料がひっそりと展示してありました。
(清水の輸出を支えたメーカーなのですから)
そろそろ夕方になってきましたね。
b0059978_22494411.jpg
今度は清水から静鉄に乗って長沼までやってきました。そうです、こんどは1/1ガンダムのライトアップを見ようという訳です。
b0059978_22501472.jpg

夏に1度来ているのですが、今度は少し空いている状態でゆっくりと見たいのとライトアップの演出が見たかったんです。
所が、30分経っても演出が始まらない・・・・・
おかしいと思い聞いてみると、10~11月は演出は休止中とのこと。
が~ん・・・・
b0059978_22504747.jpg
せっかく来たのに。係の方も申し訳なさそうに仰っていましたが、どこにもその旨の掲示が無いんですよね。回りにも「え~」と言ってる方がチラホラと・・・・・
夕日を背に立つガンダムもなぜか少しさみしそうでした。
b0059978_22513280.jpg


帰りに乗った静鉄電車はそんな気持ちを知ってか知らずか、ゆらゆらと心地良い揺れ具合で清水までの熟睡を時間を作ってくれていました。
b0059978_2257359.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2010-10-17 22:57 | 日々の出来事 | Comments(4)
Commented by kio-t at 2010-10-18 01:25
確かにあんなものやこんなものが、サブカルからカルチャーになる日がくるとは思わなんだ。
すごい時代が来たものだ。

シモンとか新作アニメとかはどうだったのよ。
手塚の原稿にはちゃんとチョコがついてた?
目録楽しみにしてるー。
Commented by 城東電軌 at 2010-10-19 21:42 x
県立美術館にミクの原画があるこの違和感。
ぜひご堪能あれ。
図録買って有るぞ~
Commented by micmacbig at 2010-10-20 12:19
御無沙汰です。秋ですが飽きの来ない場所です。
日本平に向けて歩くとか、フライパンで食事とか。
全てが堪能出来る場所と確信しています。

そしてご幼少の頃の遊び場でも有りました。
流星もご無沙汰だな~
Commented by 城東電軌 at 2010-10-20 21:25 x
そう言えば地元でしたよね。
日本平散策や草薙神社など見どころもありますね。
流星も一度見てみたいな。