城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

天候不順もなんのその・軽便ウォークに行ってきました1

4月になっても何かすっきりしない天気が続いていますね。そんな中、阿形先生と一緒に静鉄駿遠線探索に行ってまいりました。今回の探索区間は浜岡―相良間です。
b0059978_1142863.jpg

幸い探索当日は絶好の探索日和。
前日の強風から一転、日ごろの行いが良いからかな?(誰の?)
スタート地点は御前崎市役所です。こちらの南に八千代公園があります。そしてその南に国道150号線の側道が有ります。そう、公園の横の側道部分が浜岡駅の跡なのです。
b0059978_11534224.jpg

心持側溝部分が広がっていますが、そこが敷地の境のようです。そしてその南側、現在の国道部分は砂丘だったようです。
駅までは静鉄のバスが来ていましたが、駅の東側にある細い路地がかつての駅前通りだったそうで、バスもそこを通っていたそうです。
さあ、それでは線路跡をたどっていきましょう。
駅を出るとすぐに線路跡は国道に取り込まれてしまいます。よって、しばらくは国道をそのまま進みます。
b0059978_11101054.jpg

約2~300mも進みましたか、最初の交差点(マクドナルドのある所です)から線路跡は再び現れます。
交差点の角から東北東に、住宅とタクシー会社が現れます。そこの境界が線路敷きになる事を先生から教えていただきました。そして右へカーブして国道の南へ抜けるという事を。
なるほどと思い、東を望んでみると・・・・・・
b0059978_1111031.jpg

あれ?
本屋とラーメン屋の駐車場にある暗渠が、おかしな線形を描いていませんか?
これはもしかして・・・・・・
b0059978_11112757.jpg

そうです、この暗渠が鉄道用地をトレースしていたのです。(帰りに図書館で地形図を確認してきました)意外なところで線路敷きが特定できました。
b0059978_11115661.jpg

国道を南に抜けた線路敷きは、新野川を国道の南側で渡ります。
さすがに当時の橋は(RC橋でした)痕跡もありません。すでに皆さんお気づきかもしれませんが、軽便は砂丘を回避しながら敷設していたため、結構カーブが多かったのです。従って素直に国道に取り込まれた所ばかりではなく、(後日別のレポートをしたいと思います)国道から外れた部分も多いのです。
b0059978_11123828.jpg

橋を渡ると左へ(北へ)カーブし桜ヶ池駅へと上る築堤へと入っていきます。(ここで150号線ともお別れです)

そこで道を歩いているとおばあさんがエンドウ豆を採っていました。

こんにちわ~
こんちわ。今日はぬくといね。あんたらどこいくだ。相良まで行くだけーが。歩いてくだ。そりゃでがあるずらよ。なんしにいくだ。軽便の跡を歩いてるだに。
ふーん、そうかね。にーちゃん、エンドウ持ってくけ。いっぱいとれたでありがとね。だけーが、いまっからあるかにゃいかんで、またかえりもらえーくるで。そんときでもいいら。そんならふくろーいれておいといてやるでもってきー。またよんないや。ありがとね。

沿線ではそんなやり取りをしながら歩を進めます。

そんな訳で今は崩されてしまいましたが,桜ヶ池駅付近まで続く築堤はご覧のようにその痕跡を正面に見える鳥居付近まで残しています。

因みのこの築堤を作る土砂や砂は、地頭方以西を延長するときに発生した残土(おもに堀野新田―桜ヶ池間)を運んで使用したそうです。

鳥居が有る所は県道との立体交差でした。桁下が4m有ったそうですから、結構なこう配を登ってきた事になります。ちなみにこの鳥居は後に作られた物で、遠州7不思議の一つに数えられている『お櫃収め』で有名な桜ヶ池の参道に立っています。

ここでちょっと寄り道。この築堤の脇にこんな物が残っています。
b0059978_1115297.jpg

そう、陸軍の射場の境界杭です。ここが射場の敷地内であったという証拠が、戦後の今も当地には残っているわけです。掛川市の浜野にある砲台から射出された砲弾は、この辺りまで飛んできてたという事ですね。ひっそりとその石柱は今も佇んでいます。

さて、鳥居(この鳥居に宗教的な意味合いは無く、観光モニュメント的な物です)を過ぎるとそこから桜ヶ池駅までは完全に築堤は撤去されてしまい、現在はゲートボール場と畑になっています。
b0059978_11154061.jpg
かつて桜ヶ池駅が有ったころには、秋のお中日の祭礼には大いに賑わっていたそうです。ホームには2か所の階段が有り、通路を降りると広場が有りそこから桜ヶ池へ皆で歩いて行ったそうです。普段はほとんど利用者のいないひっそりとした駅だったようです。
[PR]
by kitoudenki | 2010-04-25 11:34 | 鉄・駿遠線 | Comments(13)
Commented by シゲ at 2010-04-25 13:21 x
体調はいかがですか?
駿遠線は路線自体も長かったですから、廃線跡巡りも大変ですよね。
あまり痕跡が残っていないと言われていますが、それでも注意深く見ればあるものですね。
一昨年少しばかりご一緒させていただきましたが、また今度訪れてみたいです。
Commented by micmac at 2010-04-25 20:33 x
レポートをありがとうございます。
今度頼りに生きたいと思っています。
Commented by 城東電軌 at 2010-04-25 21:51 x
シゲさん、ご心配おかけしました。先週の探索の時は良い調子だったんですけどね~
次回もまだ回るところが残っていますから、たまにはご一緒にかがですか?

micmacさま、探索から1週間かかってやっとレポが始まりました。(遅いよ~)
目指すゴールはまだ先ですが、どうぞこの先もお付き合いくださ。変なところが有りましたら教えてくださいね。
Commented by micmac at 2010-04-26 04:54 x
地頭方以西は未体験ゾーンです。見るも聞くも初めてゾーンですので大変参考になりましたよ!とんでもないです。こちらこそ教えてください。でも、行きたかったな~~~。
Commented by 城東電軌 at 2010-04-26 21:09 x
あんまり参考になるか怪しいですが・・・・・
軽い気持ちでお楽しみ頂けると嬉しいです。
(再現写真はイメージ優先で、考証はいい加減ですので・・・・)
Commented by あがた at 2010-04-27 17:26 x
地図をみたり、地元の人の話を聞いたりして、廃線跡を訪ねることは、楽しいですね。
次回も楽しみにしています。
Commented by 城東電軌 at 2010-04-27 21:02 x
先日はお世話になりました。探索から時間が経ってしまいましたが、やっと記事がスタートできました。
今回は長丁場になりそうですけど最後までよろしくお願いします。
Commented by H原人 at 2011-05-02 20:35 x
塩原のレポートは参考になりました、佐倉の準住人として補正情報を少し。桜ヶ池駅から東は、現在の広い道の山側の歩道あたりに細道が残っていました(30年ほど昔)。 民宿のご主人から、実際の線路はもう一段高い方通っていた(特に桜ヶ池側)と聞いたことが有ります。 
Commented by H原人 at 2011-05-02 20:41 x
参考情報その2。 大鳥居の公園の中を、斜めに通っていたのはマチガイないですが、10年くらい前に阿形先生と一緒にサイクリングした時は、サークルKの裏の細道が、駿遠線の跡だと聞いた記憶が?・・・今では(H23.4.30下見)草がボウボウで、とても走れませんが、当時は普通のジャリ道で自転車で走れたんです。
 
Commented by H原人 at 2011-05-02 20:51 x
参考情報その3。 今回レポートの駐車場の中をカーブして通っていた、には賛成です。タクシー屋からパチンコ屋に掛けて、異常に歩道が広くなっていて、150号敷設時に、そこに敷地境界線が有った、と考えるとつじつまが合います。
 しかし、暗渠はドブ川(排水路)のフタであり、駿遠線は川と現在の歩道の間を通っていた、と考えるのが妥当ではないでしょうか? (私は、最初タクシー屋の裏道が線路跡と誤解していて、阿形先生に指導されました。)
Commented by 城東電軌 at 2011-05-03 14:07 x
H原人さま
情報を有難うございます。仰せの通り桜ヶ池の東側はもう少し高い位置から現道に合流しておりまして、記事にはしていませんが山の中腹から地中に埋まったレールが(❢)発見された経緯もあるんですよ。サークルKの裏手の小道ですが、この部分はGLから5m位の築堤でしたので、その敷地は幅員にして10m近くあります。地形図や航空写真で見ていただくと判るのですが、築堤を撤去した部分が扇状に国道から鳥居に向けて伸びているのが判ります。ですのでその小道が・・・・ではなくその小道も含めた敷地が軽便の跡と言えるのではないでしょうか。
パチンコ屋の前の暗渠部分ですが、明確な境の資料は持ち合わせていないのでそこまでは判らないのですが、当時の地形図や土地利用図だと砂丘と畑地の間に軌道が有ったようになっています。そして現状の流量を擁する水路は当時は有りませんでした。砂丘、畑地ともに民地であると考えると、150号建設の際の収容に当たり公用地(当時既に農道として利用されてた)に水路を築造したとも考えられます。
まあ、こういう意見は色々あってこその楽しみですよね。
これをきっかけに新しい事実が解明されるとまた嬉しく思います。
Commented by H原人 at 2011-05-16 00:07 x
そうですね、確かに新野川を渡って、その後に桜ケ池の山に登って行くのを考えれば、わざわざ標高を下げるのは不合理なので、築堤で高いまま行ったと考えるべきで、くだんの細道は線路沿いの脇道だったと考えないといけないと思います。
申しわけありませんでした。
Commented by 城東電軌 at 2011-05-16 20:56 x
H原人様
いえいえ、お気になさらずに。こういった意見のやり取りは結構好きですので。(そう言った中から新しい発展もや発見もある訳で)http://w3land.mlit.go.jp/cgi-bin/WebGIS2/WC_AirPhoto.cgi?IT=p&DT=n&PFN=CCB-75-33&PCN=C20&IDX=9

http://w3land.mlit.go.jp/Air/photo400/75/ccb-75-33/c20/ccb-75-33_c20_9.jpg
すでにご活用かもしれませんが、こちらの航空写真には明確に築堤を切り崩した跡が見てとれます。ご参考までにリンク先を載せておきますね。