城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

夏空の下で

実は今日行った軽便展の会場で、知人のOさんに会いました。
せっかくなので一緒に堀之内軌道の跡を巡ってきました。
最初は城山下辺りからスタートして、池新田に向かうこととしました。
この軌道はそのほとんどが道路上に敷設された併用軌道でした。したがってその痕跡も極僅かしかありません。平川の交換所跡(道路がそこだけ広い)を見た後は、佐栗谷トンネルに向かいます。
ところが・・・・・・
b0059978_22253512.jpg

トンネルはどこだぁ~❢

夏草が生い茂り、近づくどころかトンネルポータルも見えません。

Oさん : こりゃだめですね。
城東電軌 : ですね・・・・・・

しょうがないのでトンネル南側に残る専用軌道跡へ回ります。
b0059978_23202127.jpg

ここは数百mにわたり当時をしのぶことができる場所です。

Oさん : おお~、此処は良いですね♪
城東電軌 : でしょ❢でもここくらいなんですよね、はっきりとわかる場所は。

お次は池新田駅跡に向かいました。途中で池新田近くの専用軌道跡を、確認しておくことを忘れませんでした。
池新田駅舎は以前は残っていたのですが、今はその痕跡もありません。
しかし、駅を出たところから少しだけ専用軌道の跡が残っています。
b0059978_23375350.jpg


Oさん : おお、良い雰囲気ですね。思わず境界杭を探しちゃいそうですよ。
城東電軌 : おや?あれは・・・・・・・
b0059978_23371520.jpg

Oさん : オット道?あ、阿形先生が設置したのかな?
城東電軌 : きっとそうだ❢さすがですね~

こういう地道な活動が郷土の歴史を後世に繋げているのかもしれませんね。

こうして夏空の下のプチ探索は終了しました。古の軌道に思いを馳せたひと時でした。
[PR]
by kitoudenki | 2009-08-13 23:43 | | Comments(2)
Commented by 尾鉄通信 at 2009-08-15 08:46 x
早くに廃止となった鉄道跡が残っているんですねぇ。
昔のピクで堀之内軌道の記事を読んだことがあります。
トンネル内の様子がとても気になります。
Commented by 城東電軌 at 2009-08-15 22:28 x
トンネルの南口は瓦礫に埋まっていますが、掘り出せば完璧な状態で復元可能です。北口はちゃんと残っているのですが、如何せんこの草では近づくことも容易でなく今回は断念しました。この展示を見て現地に赴く人がきっといると思うのですが、勝手に草刈をするわけにも行かずちょっと残念です。