城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

忘れ形見

それは昭和34年まで私鉄要覧に記載された、れっきとした民鉄でした。
東海道線の島田駅を起点に、大井川の川湊である向谷を結んでいた人車軌道、それが島田軌道です。
b0059978_22315127.jpg

そんな古の島田軌道ですが、今でもその痕跡を見出すことができます。
終点付近に残る専用軌道の跡地もその一つです。
b0059978_22344778.jpg
b0059978_22353265.jpg

そして主だった荷主である化学製品工場には、今だに2フィートのレールが時を忘れたように残っていました。
b0059978_2239362.jpg

夏のまとわりつくような空気の中、白日夢の様に静まりかえった工場に今でもそれは眠っています。
[PR]
by kitoudenki | 2009-07-28 22:42 | | Comments(3)
Commented by 尾鉄通信 at 2009-07-29 22:58 x
ほうほう、これまた味わいのある工場だこと。
蔦の這いつくばった赤レンガがいい雰囲気です。
Commented by あがた at 2009-07-30 17:41 x
城東電軌さんの探求心には、脱帽です。
まだ、痕跡があるんですね。
びっくり。
Commented by 城東電軌 at 2009-07-30 21:53 x
尾鉄通信様、ね良いでしょ。
島田でも歴史のある建造物群なんですよ。以前と比べて規模は縮小していますが、主だった施設はそのままです。8月はぜひいらしてくださいね。

あがたさま、以前はもう少しレールがあったのですが今回は半分くらいになっていました。末永く残してもらえるといいのですが、今後はどうなってしまうのでしょう。