城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

竹の丸

掛川市にあります国の有形登録文化財、竹の丸を奥さんと見学に行ってきました。
b0059978_21262520.jpg

こちらの竹の丸は、かつて江戸時代に掛川城の北門を守る砦として、重家臣の屋敷として使われていたそうです。
廃藩後は地元特産品である葛布問屋の松本家が屋敷をこの地に建てました。。昭和11年、現在の掛川市に松本家から寄贈されたこの建物は、市の施設として長らく使用され、今回の修復、公開となりました。
今回は、修復完成記念と言うことで本日まで無料開放となっておりました。
b0059978_21385768.jpg

こちらが玄関です。左側が客人用、右側が問屋としての事務所(店舗用)、帳場、作業場入口になります。
b0059978_2144448.jpg

玄関を入るとそこには[有形登録文化財]のプレートが❢
これだけで歴史の重みを感じさせます。
b0059978_2147829.jpg

離れの座敷には上段の間や床の間が整然と配置されて、シンプルながら造りの良さを感じさせます。
b0059978_2150297.jpg

離れの2階には貴賓室と呼ばれる洋間がありまして、和洋折衷の作りがなんとも言えません。
b0059978_21534638.jpg

ステンドグラスが嵌まった明かりとりがなんともいい感じです。でも他の調度と比べて少々ちぐはぐな感じもします。
b0059978_21555232.jpg

この貴賓室からは掛川城が望めます。また視線を変えると報徳社の講堂も見ることができます。
しかし、この手すりの色は何とかならないかな・・・・・・・
何か考証かあって決めた色なんでしょうか?なんだか安っぽく見えて違和感を感じるのは私だけ?
それと、庭園も回廊式になっていたはずなのですが、半分はまだ整備途中なのでしょうか?
草が生い茂っている部分もまだありました。
b0059978_2212060.jpg

台所の土間は見事な小屋組みが見て取れました。いいですね~
昔はこの土間の釜戸があり、家族や職人たちの賄いをしていたのでしょうね。

全体としてはよく復元してあると思いましたけど、新しい材料に取り換えたところはもう少し柿渋などを使った汚しを掛けてあるともっと良いかな?とも思いました。また、風呂場横の池がコンクリート作りだったのがちょっとな~と思いました。
まあそれはさて置き、皆さん、機会がありましたら是非離れの貴賓室に行ってみてください。そこから見える掛川城の天守閣はお勧めですよ。

追加報告です。
b0059978_228540.jpg

某所の工事はここまで進みました。
[PR]
by kitoudenki | 2009-06-14 22:11 | 日々の出来事 | Comments(0)